読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒婦、修羅の過去

毒婦の過去。

次の調停までの間。

第2回、調停までの間の出来事。

 

夫は

 

「もうあの家を出た。

 

これからは毒婦と娘と3人でゼロからやり直したい。」

 

 

お前は先妻との家から放り出されて行くところがねぇだけだろ?

 

生活費もろくに入れず、バレないことをいい事に3年も放ったらかしにした私と娘によくもまぁいけしゃあしゃあと

 

「やり直したい(キリッ」

 

だっつーの、グーパン100発入れたいよね。

 

 

行くところないからでしょう?

馬鹿なの?

3年も嘘をつき続けたあんたを信用して一緒にゼロからやり直せって?

 

まだ私を殺す気かよこいつは正気か!?

 

と思っていた。

 

 

ずっと、毒婦と娘と暮らしたい、なんとかしなあかんと思いながらずるずる…

 

 

「で?」

 

もう出てくる言葉はひらがな1文字しかない。

 

は?あ?で?www

時々あぁん?てなもんだ。

 

 

おめぇとまた暮らす気なんてねぇよw

 

とぶん投げたが、夫は折れない。

頼む、やり直させてくれ。

今まで苦労させてきたぶん、ちゃんとやり直させて欲しい。

 

「で、嘘の生活させられた先妻には?

 子供までいたのに、その子のこれからは?

私や娘がこれまで過ごしてきたような日々を遅らせるわけ?」

 

何を言っても

 

「すまん」

「やり直させてください」

 

こればっかりで話にならなかった。

 

 

こんなやり取りを毎回、毎回。

 

 

私はボイスレコーダーを買い。

この話し合いのたびに会話を録音した。

もう信用できない人間と話をするのに、ボイスレコーダーなしでは話すらできなかった。

 

ちなみに私はこのボイスレコーダーを使う生活をその後半年続けた鬼畜です。

 

「あの時、あなたこう言いましたよね?」

 

ボイスレコーダーは私のお守りでもあった。