読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒婦、修羅の過去

毒婦の過去。

炎上は続く。

離婚への道

夫は、私が水商売を始めたことは気に入らなかったようだ。

 

そんな事言うてる場合ちゃうし!

 

私は昼間の小売業を夕方一旦閉めて子供を迎えに行き。

 

食事を作り、店で食べさせ。

店を閉めて帰宅し、風呂に入れ。

その後は夫に託してスナック勤めをした。

 

時給1500円のスナックのバイト。

ないよりはマシだったが焼け石に水だった。

 

買い物は食材ですらも魔法のカードを切り、後からリボ払いにするという完全なる悪循環システムに乗り上げた。

 

増えるリボ、減らない元金増える一方の元金。

このままでは本当にヤバい!

 

小売業の店をしながら、私が見た求人サイトはもう残された風俗だった。

 

 

日払い!初心者大歓迎!

30代の女性が活躍しています!

容姿が気になる方も大丈夫。

一度面接してみてください!

体験入店もありますよ!

 

入店祝い金10万円!

 

な、なんだ…なんだこの世界は…

日払い、日払い、日払い!

1日、最低3万!?

マジか!!

 

いや…私が面接行っても無理やろ…

いやでもこのお給料!!

 

 

数日くらいだろうか。

風俗の求人サイトとにらめっこした。

 

そして私は決意した。

 

夫にばれないように…

昼間の小売業を週3営業して、週3風俗…

夕方までに帰れば…

 

頭の中で何度も何度もシュミレーションした。

 

 

そして私は、とある風俗店に電話をし。

面接の約束をした。

 

 

ここまで堕ちたか…という気持ちは全くなかった。

 

とにかく、お金が欲しかった。

 

 

広告を非表示にする