読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒婦、修羅の過去

毒婦の過去。

毒親と毒婦 小学生の頃。

小学校に上がってから、兄の様子がおかしくなった。

 

兄が「学校に行きたくない」と言い出したのだ。

 

私は「いいなぁ兄ちゃん、学校行きたくないとか言って休んで」

なんて思っていた。

小学生というのはまだまだ子供で考えも浅はかで残酷である。

 

 

それから、兄がなぜ学校に行くたくないと言い出したかが判明した。

いじめではなかった。

なんと、給食のパンが食べたくないから、という理由だった。

兄の机の中からはカビの生えたパンが発見され。

兄のランドセルからもカビが生えてプレスされてぺったんこになったパンが多数発見された。

 

少食だった兄、食べない事で怒られる兄は、給食のパンが嫌いで食べられない事を誰にも言えず机の中に溜め込み、ランドセルの中にまで溜め込んでいたのだ。

 

それが発見された時

「パンが辛かったんだね」

こう誰かが言っていたら、兄も少しは違っていたかもしれない。

 

昔は給食を完食する事が美学であり、残すなんて事は許されなかった。

あなたのクラスにもいませんでしたか?

牛乳が嫌いでチビチビ飲んで、掃除の時間になっても泣きながら牛乳飲んでいた子。

兄はそれのパンバージョンですね。

 

そしてこの事件が発覚した頃から、兄は母親に連れられて病院にちょくちょく通うようになった。

その診察の内容、先生の話などを父親と夕飯の後にしていたのをリビングで聞いていた。

 

その時はよくわからなかったが、「チック」という言葉が出ていた。

それと、兄が時々頭をククッと振る?というか妙な動きをする話もしていた。

チックの意味はわからないけれど、言われてみれば兄ちゃん頭時々振ってるなぁとは思っていた。

それが「チック」なのかなぁ?となんとなく私は思っていた。

 

これはあくまで私の予想だが。

兄はいろんなストレスから「チック」症状が出ていたのかもしれない。

パンを食べたくない、を理由に登校拒否になり。

頭を振る行為、その異変に気づいた母親は兄を連れて病院へ行った。

 

きっと母親はその時の医者にこう言われたのではなかろうか。

 

あなたのお子さんはストレスでこうなった。

何か、思い当たる節はありませんか?

 

食べない事に対して怒る事、お兄ちゃんなんだから!と怒る事。

パン嫌、くらいで学校休むとは何事じゃ!と泣いて拒否する兄を引きずってでも学校に行かせとうとした事。

 

母はきっとその時、自責の念にかられたに違いない。

 

自分のせいでこうなってしまった。

自分のせいで息子がこんなになってしまった。

 

そして医者は言っただろう。

お子さん(兄)のストレスの原因をなくしていく事。

兄への愛情不足を解消させる事。

 

きっと母はそれを聞いて傷ついただろう。

今、私には子供がいるから、憶測ではあるが母の気持ちはわかる。

自分なりに頑張って来た育児。

それを否定された時の辛さよ、そして自責の念を思うといたたまれない。

1人目というのは一生1人目で、我が子がいくつになっても

「初めての育児」である事、母親にとって「初めての経験」である事。

 

彼女は彼女なりに頑張っていたのだと思う。

だけど、その頑張り方、兄への愛情のかけかたが間違っていた。

それをなんとなく彼女も自覚していたのではないだろうか。

 

そうなると余計に、医者に言われであろう言葉は。

彼女にとって衝撃の言葉であり、大きなショックでもあったと察する。