読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒婦、修羅の過去

毒婦の過去。

毒親と毒婦

自分をこの世に授けてくれた両親の事を「毒親」と呼ぶには正直抵抗がある。

 

あれは私が30を過ぎたくらいだろうか。

恐らく、私が独身時代の頃ではなかったように思う。

 

とても親しくしていた友人に母親の話をした事があった。

その時に友人に言われた言葉。

「言いにくいんやけど、毒婦ちゃんのお母さんて毒親じゃない?」

 

はて?「毒親」とは?

 

その友人が「一度読むといいよ」と教えてくれた本は

 

『毒になる親』一生苦しむ子供

 

f:id:dokufuryou:20170305200408j:image

 

という本であった。

 

その時私は「なぜ私の母親が毒だと思うの?」とその時は少し友人の言った言葉に否定的に返した記憶もある。

 

その友人は

「簡単に言うと、親も子離れできていない、子供も親離れできていない…とでも言おうか…」と。

友人から「気を悪くさせたらごめんね」くらいの一言が欲しかったくらい、私は結構失礼な事を言う人だったんだなと思った。

 

あまりに気になった私は、本屋に直行して毒になる親の本を買った。

 

そして開いて、少しづつ読むに連れて。

 

頭が混乱したのを鮮明に覚えている。

 

 

私の、本当の心の中に抱いていた母親への気持ち。

そして自分の母親の事。

 

私と母親をこの著者がこっそり見ていたのか!?

と思うほどの内容で正直驚いた。

 

最初は自分の親を「毒」だと認める事ができなかった。

しかしその本を読み進んで行くうちに

 

今の自分が形成された理由(原因ともいおうか)が少しづつ見えてきたようにも見えた。

 

結局当時の私はこの本を読了する事ができなかった。

 

 

この本が言っている事全てが正しいとは限らない。

 

まだ、毒とは認められず。

母親との関係を断ち切れない自分がいたし。

 

自分をこの世に授けてくれた親に対して「毒」だと思う事への抵抗は拭えなかった。

 

その拭えない気持ちを形成したのも、まさか「毒」に侵されているとも理解できず。

広告を非表示にする