読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒婦、修羅の過去

毒婦の過去。

平穏な暮らし

その後、新しい場所に引っ越し。

 

平穏な生活を送った。

 

夫はきちんと毎月生活費をおさめ。

私もワーキングマザーを続けた。

 

二馬力で借金返済しながらも、少しづつ貯金をし、時々旅行に行くなどして平穏に暮らしていた。

 

その時はとても平和だったような気がする。

 

娘が4歳になり、私に欲が出てきた。

2人目が欲しい。

 

「2人目欲しい、この日排卵日予定やからこの辺り頼むわ」

 

という酷く事務的な作業。

 

すぐにはできなかったが、33歳の誕生日の日。

2人目妊娠を知る。

 

 

1人目の時とは全く違う素晴らしきマタニティ生活。

 

2人目も無事出産し、職場復帰も果たし。

 

4人家族になった。

 

 

時々私のメンがヘラって、夫に八つ当たりしたり。

てめぇあの時の悪事を忘れたんちゃうやろな?といつまでもその爆弾を仕掛けた引き出しを開けてやった。

 

 

生活費もおさめて、真面目に働いて、俺は罪を十分滅ぼしただろう?みたいな顔されると最高に気分が悪かった。

 

 

「あんたの事、私が死ぬまでに一度でも信用すると思ってんの?

 

アホなん?

 

信用するわけないやんwwww」

 

と言ったら

 

「信用もしてない人間とこんな暮らししてんのか!?」

 

と逆ギレされた事がある。

 

 

まぁ、怒らせた私も悪いけど。

私は生活費と言う名の慰謝料のために、こうしてあなたと暮らしているわけで、あなたは刑務所にいるのと同じだと思って、刑を務めなさいうんこ♡て心で思っていました。

 

 

なんか年がら年中日焼けしてんのか、浅黒いし。

本当、うんこみたいだった。

 

うんこだったんだよ、あれは。

 

 

まぁこんな感じで「離婚劇」が始まるまで。

私が会社を辞めるまでは、平穏ちゃ平穏だった。

 

 

広告を非表示にする